経済解析1

更新日:2020-03-04

時間割コード

0501115

区分

専門科目(社会システム情報学科)
関連専門科目(自然情報学科)

単位数

選択2単位

開講形態

講義

対象学年

2年

学期 曜日 時間 集中講義の有無

春期 火曜3限目

講義室

SIS5

開講系

社会・環境法経システム

担当教員 所属

中田 実

所属

社会・環境法経システム

メールアドレス




オフィスアワー


火曜日・12:00-12:50

授業概要

今日の情報化社会においては,有形・無形様々なモノやサービスの取引が昼夜を問わず行われている。こうした人間社会が基盤とする経済メカニズムだけでなく,都市・地域における経済活動のあり方や公共サービス,環境・資源と経済との関係などを理解する際にも不可欠となる,ミクロ経済学の基礎的な知識を習得することを目的とする。

◆講義目的

商品を購入する消費者の行動や,生産し提供する企業の行動原理を探ることで,人間の経済に関わる意志決定と,それらが交差する市場の動きを探り,市場経済メカニズム持つ基本的特質とその課題を理解することを目標とする。

◆授業内容

1 はじめに:ミクロ経済学を理解する上で必要な基礎的知識について解説する。

2 消費者の行動:消費者の意志決定がどのようにして財・サービスに対する需要を生み出しているのか,理解する。

3 企業の行動:企業の意志決定がどのようにして財・サービスの供給を生み出しているのか,検討する。

4 市場の均衡:消費者と生産者の間での,財・サービスの市場取引について理解する。また,競争的市場において達成される市場均衡の効率性について議論する。

5 不完全競争:独占など,競争が不十分な市場における企業の行動,課題,対策について理解する。


◆教科書・参考文献・履修条件等

参考書:多和田 眞 著『コア・テキスト ミクロ経済学』(新世社)

◆授業期間中の課題・宿題等

レクチャーノートに沿って,予習・復習を行うこと。講義後,理解できない点がある場合にはオフィスアワーに研究室に来て質問すること。

成績評価方法・基準

履修取り下げ制度は採用しない。期末試験を受験しない場合「欠席」として扱う。

Course Title


Class Timetable Code

0501115

Course Category

Specialized Courses (Department of Social and Human Science Informatics)
Related Specialized Courses (Department of Natural Science Informatics)

Credits

Elective2

Class Format


Grade

2

Semester, Day and Period

Spring semester Tuesday3

Instructor(s)


Affiliation


Mailaddress




Course Topics


Course Purpose


Course Contents


Textbooks, Reference Materials and Requirements


Assignment


Grading Criteria